高温反復浴の効果は?有酸素運動より痩せるって本当?やり方(頻度)も解説!

自宅でできるダイエットノウハウ

皆さんこんにちは!ひらくまん(@hirakuman)です(^^)/

以前からメディアに度々取り上げられている「高温反復浴」。

名前だけは知っているけれども…

中には初めて聞いたという方もいるかもしれません。

言葉の通り、高温のお湯に反復して入浴する方法なんですが、果たしてこれって効果があるんでしょうか?

そもそも高温のお湯に入るって、身体への影響は大丈夫なの?と思う方も多いはず。

今回はそんな高温反復浴の効果や、有酸素運動よりも痩せるとの噂についても触れていきたいと思います。

この記事で分かること

  1. 高温反復浴の効果について
  2. 有酸素運動よりも痩せるのか
  3. 正しいやり方や効果的な頻度とは

高温反復浴って?

そもそも高温反復浴とは一体どんなものなのでしょうか?

お風呂には普通に入浴するだけでも、冷え性などの血流の改善から神経症状の働きにまで様々な嬉しい効果があります。

そんな入浴をアレンジしたやり方の一つに高温反復浴が挙げられます。

やや熱めのお風呂に一定間隔を空けて出たり入ったりするこの入浴法。

では、その効果にはどのようなものがあるのでしょうか。

高温反復法の効果とは?

高温反復浴には主に5つの効果があると言われています。

ダイエット効果

高温反復浴は、普通に入浴するよりも消費カロリーが多いと言われています。

例えば、

  • 1回の高温反復浴=10分間のジョギング
  • 1回の高温反復浴=20分間のウォーキング

と同じ消費カロリーの効果が期待できるとのこと。

他にも、半身浴の3倍の痩せ効果があると言われている方もいます。

疲労回復

お風呂に入ることにより身体への水圧がかかる為、それがマッサージの働きをし、疲労回復を促進させます。

他にも湯船に浸かることにより浮力が働くため、リラックス効果が得られ、身体を緩めることができます。

血液やリンパの流れの改善

血管やリンパは筋肉を介し、伸びたり縮んだりを繰り返しています。

それによって血液やリンパ液が流れるという仕組みになっているんですが、この伸縮の幅というのは温暖差があればあるほど大きくなります。

要は寒ければ縮み、暖かければ伸びるということです。

高温反復浴は熱めのお湯に浸かるので、通常の入浴よりもその幅が大きくなるので、より血液やリンパの流れの改善を期待することが出来るといえるでしょう。

デトックス効果

血流の改善により、身体に溜まった老廃物を促してくれるのはもちろんのこと、高温反復浴は発汗作用も大きいので、毒素を体外に排出するのに適しているんですよね。

デトックス効果があるということは、肌トラブルに悩んでいる方にも一役かってくれるのではないでしょうか。

ヒートショックプロテイン効果

あまり聞きなれない言葉ではないでしょうか。

このヒートショックプロテイン(HSP)とは、細胞の一種になるんですが、役割としては、熱などの様々なストレスから細胞を守るために産まれる細胞のことなんです。

要は、外敵から細胞を守るときに発生する細胞ということですね。

そしてダメージを受けた細胞の修復にも働きます。

HSPは熱に反応するので、高温反復浴で細胞の活性化が起こり、それによって免疫力や代謝もアップし、美肌効果に役立ってくれるとのこと。

女性には嬉しい効果ですね。

有酸素運動よりも高温反復浴の方が痩せるって本当?

ここまで高温反復浴の効果を挙げてきた中で、ダイエット効果という部分がありましたよね。

美容界では有酸素運動よりも高温反復浴のほうが痩せるだとか、有酸素運動と同じカロリーの消費が期待できると言われていますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

もう少し深掘りしていってみたいと思います。

ダイエット効果は間違いではないが…

お風呂ダイエットで、湯船に長い時間浸かると良いと聞いて、一度は試したことがあるという方も多いのではないでしょうか?

お風呂には発汗作用がある為、新陳代謝の活性化やむくみの解消にはオススメできます。

なので、けっしてダイエット効果が無いというわけではありません。

ただしそれ以上の効果を期待するのは少し違うのかもしれませんね。

高温反復浴は運動ではない

通常の入浴と違い、熱めのお湯に反復して浸かるといった高温反復浴ですが、やはり有酸素運動(ウォーキングやジョギング等)とは違い、運動ではないんですよね。

なのでカロリー消費に関しても、例え熱めのお風呂に浸かったとしても運動と同等のカロリー消費を得られるわけではありません。

入浴後は体重が減っているから痩せたという話もたまに聞きますが、それは単純に体内の水分が減っただけなんです。

人の体の約60%は水分で出来ています。

なのでけっして脂肪が減ったわけではないので注意しましょう。

どうしてこんな噂が出たのか?

高温反復浴が有酸素運動よりも痩せるといった噂が出たきっかけはおそらく、お風呂ダイエットの延長線上で、より一層の血行促進効果が得られる、代謝の増進といった面から話題になっていったと考えられます。

確かに代謝が増進して痩せやすくなるといった観点からみれば、ダイエット効果があるといっても過言ではありませんが、運動と同じ目線で比べるのは難しいかもしれませんね。

高温反復浴のやり方や効果的な頻度とは?

高温反復浴に挑戦してみたいという方に、正しいやり方をご紹介していきますね。

  1. 湯船に40℃~42℃の少し熱いかなと感じる程度のお湯を準備
  2. 5分間、肩まで湯船に浸かる
  3. 湯船から出て、5分間休憩
  4. 今度は3分間、湯船に浸かる
  5. 湯船から出て、5分間休憩
  6. 最後に3分間湯船に浸かり、終了

休憩を5分挟みながら、3回入浴するペースですね。

一回の入浴時間は短いですが、熱めのお湯を使用しているので、発汗をしっかりと実感できると思います。

高温反復浴で気をつけたい点

やはり高温反復浴は身体への負担が少なからず大きいのでいくつかの点に注意しながら行いましょう。

  • 激しい空腹時や、食後すぐは避ける
  • 心臓や血圧の持病がある方は控える
  • 妊娠中や貧血気味の方は避ける
  • 湯船への出入りはゆっくりと行う
  • 水分補給はこまめに
  • 体調不良の時は無理をしない
  • 頻度は多くても一日3回までを限度とする

通常の入浴よりも身体への負荷が大きいので、基本的に無理をしないことを心がけて行ってくださいね。

まとめ

今回は、高温反復浴についてまとめていきました。

いかがでしたでしょうか?

高温反復浴だけで痩せるというのはやはり運動とは違うので、非現実的だと思いますが、代謝をアップさせ痩せやすい環境づくりの方法としてはいいのではないでしょうか。

ただし、通常の入浴よりも効果が高い分、身体への負担も大きいので、しっかりと正しいやり方を把握し、注意点に気をつけながら行っていただければと思います。

これからも身体を応援していきます。

人気の関連記事チェック

当記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を読んだ方におすすめの人気記事です。合わせて読んでみてください。

コメント